企 KUWADATE

記事更新

【記事掲載】INTERNET Watchに弊社代表のクロサカタツヤが登壇したイベント記事が掲載されました

INTERNET Watchに7月2日『ポスト新型コロナの社会システムは中央集権から分散型へ ーBG2C、FIN/SUM BBレポートー』と題した、弊社代表のクロサカが登壇した「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」国際会議の記事が掲載されました。


クロサカが会議において、『接触確認アプリCOCOA』や多くのID(個人識別)システムは、ブロックチェーンを使っていたとしても、人間不在であるが、人を設計図の中心におき、社会システムのコンセンサス(合意形成)を目指し、お互いの信頼を構築するには、分散型のアーキテクチャが役立つことや、人は疫学上のデータとして扱われるのではなく、尊厳を持つ個人として扱われることが重要であることなどをお話させて頂いた事がご確認いただけます。

INTERNET Watchの記事はこちらです。

「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」国際会議の詳細はこちらです。

ページの先頭へ