企 KUWADATE

お知らせ

【イベント】 「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」イベントに弊社代表のクロサカタツヤが登壇しました(2020/6/26)

6月26日(金)にオンラインで開催された、ブロックチェーン技術による社会課題の解決策を協議する国際会議である「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」( 主催:日本経済新聞社・金融庁)に弊社代表のクロサカタツヤが登壇しました。

会議では、withコロナにより明白化した、接触確認アプリ、中央集権的な情報管理と完全分散型情報管理、法律における分散型の考え方や仕組み、個人情報の相互運用性がない事を解決するための分散型台帳技術への期待やペーパーレス化、包摂性と排除、コロナ禍におけるポジティブな影響など幅広く議論されました。

クロサカからは接触確認アプリ「COCOA」の説明や分散型アーキテクチャーへの期待、個人をいかに社会システムの中心にすえたらよいか、また、プライバシーを守りつつ、有用性を高めるためにはどうすべきか、と問いを投げかけたほか、ブロックチェーンエンジニア、産業界、金融業界、政府など全てのステークホルダーは、脆弱な環境にさらされ、常に相互運用性と安定性を実現しないとならない複雑なシステムを構築しているInternetコミュニティーから学び、個人を中心に置き、社会制度を是正するシステムを実現させる事を提案させて頂きました。

クロサカの発言は、21分58秒'からと、1時間20分45秒から視聴可能です。

日本語での視聴はこちら

英語での視聴はこちら

会議情報はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ