企 KUWADATE

お知らせ

【イベント】 「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」イベントに弊社代表のクロサカタツヤが登壇します(2020/6/26)

6月26日(金)にオンライン開催される、ブロックチェーン技術による社会課題の解決策を協議する国際会議である「ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー」( 主催:日本経済新聞社・金融庁)に弊社代表のクロサカタツヤが登壇致します。

本会議は、8月に開催される国際会議BG2C FIN/SUM BB*を前に、特別オンラインセッションとして、ブロックチェーン技術がコロナ感染症に伴う社会問題解決にどう活用されるのかを議論するオンラインパネル討論会で、世界を結ぶ形で有識者が、ブロックチェーンのポストコロナ時代に果たす役割を金融に限らず、幅広に議論します。
同会議の模様は、インターネットを通じて一般向けにも公開します。

クロサカはOECD WPGDP(デジタル経済データガバナンス・プライバシー作業部会)日本政府代表団員として働いてきた経験をふまえ、本会議に参加致します。

【日時】:6月26日(金)15:00~

【講演タイトル】:ポストコロナ時代の金融・社会システムのリデザイン ーブロックチェーン技術による社会課題の解決策ー

【言語】:英語(日本語通訳版あり)

【登壇者】 : 
 ■クロサカ タツヤ(株式会社 企 代表取締役/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授)(Tokyo)
 ■カタリーナ・ピストー(コロンビア大学 ロースクール 教授)(New York)
 ■松尾 真一郎(ジョージタウン大学 研究教授)(Washington DC)   
 ■ピンダー・ウォン(VeriFi(Hong Kong)会長)(Hong Kong) 
 ■ホアキン・ガルシア=アルファロ(仏 Institut Mines Telecom テレコム SudParis 教授)(Paris) 
 ■藤本 守(SBIホールディングス 執行役員 ブロックチェーン推進室長 SBI R3 Japan 代表取締役)(Tokyo) 
 ■山崎 信一郎(三井住友銀行 トレードファイナンス営業部 シンガポール 副部長・APAC リージョナルヘッド)(Singapore)
 ■リチャード・G・ブラウン(R3 最高技術責任者(CTO))(London) 
 ■マイケル・ケーシー(コインデスク 最高コンテンツ責任者)(New York)

【想定される論点】: 
 ■COVID-19危機に対して、既存の金融・社会システムが抱える課題・限界は何か
 ■金融システムのリデザイン
 ■ポストコロナ社会の金融・社会システムに求められる要件は何か。

【イベントURL】: https://www.bg2c.net/onlineconference.html   

【視聴方法】: 2020年6月26日15時公開予定 。準備が出来次第https://www.bg2c.net/onlineconference.html に掲載されます。

* BG2C FIN/SUM BB とは:
ブロックチェーン(分散型台帳)技術の健全な発展と新規ビジネスへの取り組みを議論する国際会議BG2C:ブロックチェーン・グローバル・ガバナンス・カンファレンスFIN/SUM BB :フィンサム・ブロックチェーン&ビジネス(フィンサムBB)
https://www.bg2c.net/

ページの先頭へ