企 KUWADATE

記事更新

【記事掲載】日経クロストレンドで弊社代表クロサカタツヤによる連載「個人起点のデータビジネスの商機」が掲載されました

1月24日(木)日経クロストレンドにて、弊社代表クロサカタツヤの連載「個人起点のデータビジネスの商機」第6回、第7回が掲載されました。
今回の記事では、国内外から注目される飛騨の地域通貨「さるぼぼコイン」を発行している飛騨信用組合 常勤理事総務部長の古里圭史氏と対談させて頂きました。
 (第6回)アリペイも注目 50-60代女性が支持する飛騨「さるぼぼコイン」
 (第7回)「手数料収入が目的ではない」飛騨の地域通貨が大事にすること

第6回では、この電子通貨「さるぼぼコイン」を始めるきっかけについて、また第7回ではユーザーを増やすための取り組みについて議論しています。

記事はこちら(第6回 第7回)をご覧ください。

【記事掲載】月刊サイゾー2月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」が掲載されました

1月22日発売のサイゾー2月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」第61回が掲載されました。

クロサカが連載を始めて早5年が経ちました。ご登場頂いたゲストの皆様、そして支えてくださった読者の皆様に感謝申し上げます。今回は毎年恒例の担当編集者さんと共にこの一年を振り返りながらの執筆です。「自由なインターネットが終わった今、19年はテクノロジーによる社会変革を応援したい」と題して、2019年のクロサカの展望を語ります。

webで読めるサイゾーpremiumの記事はこちらです。

【記事掲載】日本経済新聞朝刊に弊社代表クロサカタツヤの記事が掲載されました

2019年元旦の日本経済新聞朝刊に弊社代表クロサカタツヤの記事が掲載されました。

「動画・ネット通販 サービスの勝負に」と題して、昨年8月に発表された楽天とKDDIの業務提携を例に挙げながら、これからの携帯電話会社の競争の在り方についてお話しています。

記事はこちらをご覧ください。

【記事掲載】日経クロストレンドで弊社代表クロサカタツヤによる連載「個人起点のデータビジネスの商機」が掲載されました

12月27日(木)日経クロストレンドにて、弊社代表クロサカタツヤの連載「個人起点のデータビジネスの商機」第4回、第5回が掲載されました。
今回の記事では、米国OpenID Foundation理事長であり情報銀行の認定基準作りにも携わった崎村夏彦氏と対談させていただきました。
 (第4回)守らなくてはいけないのはプライバシーで、データではない
 (第5回)情報銀行はなぜ「銀行」と名付けられたのか

第4回では通知と同意が煩雑になっている「データ流通2.0」の在り方について、また第5回では情報銀行の役割とプライバシー影響評価の在り方について議論しています。

記事はこちら(第4回 第5回)をご覧ください。

【記事掲載】月刊サイゾー1月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」が掲載されました

12月22日発売のサイゾー1月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」第60回が掲載されました。

今回は、AIアルゴリズムのマーケットプレイスを運営する、株式会社bitgritの創業者である向縄嘉律哉さんにお話を伺いました。ブロックチェーン技術を用いたマーケットプレイスは、ニーズとシーズを正しくマッチングさせて取引を実現し、世界規模での「AIの民主化」への貢献を目指しています。

webで読めるサイゾーpremiumの記事はこちらです。

【記事掲載】プレジデントオンラインに弊社代表クロサカタツヤの記事が掲載されました

12月8日(土)のプレジデントオンラインにて、弊社代表クロサカタツヤの記事が掲載されました。 「"スマホ不通"また起きると断言できる理由 ソフトバンク事故が示すIP化の功罪」と題して、12月6日の午後に発生したモバイルネットワークの大規模通信障害について解説しています。 記事はこちらをご覧ください。

【記事掲載】日経クロストレンドで弊社代表クロサカタツヤによる連載「個人起点のデータビジネスの商機」が更新されました

12月13日(木)日経クロストレンドにて、弊社代表クロサカタツヤの連載「個人起点のデータビジネスの商機」第2回、第3回が掲載されました。
今回の記事では、東京電力ホールディングス子会社で、家庭で発電した電力のP2P取引市場の実現を目指すTRENDE代表取締役の妹尾賢俊氏と対談させていただきました。

 (第2回)電力の地産地消を支援 自治体の財政が潤う新たな仕組み
 (第3回)電力消費データの価値は、消費行動データよりも高いかも

第2回は現在の電力業界が抱える課題とそこから生まれた自治体の新たな役割を、また第3回では市場から得られる電力消費データを活用して生まれる「個人起点のデータビジネス」の様相や期待を議論しています。

記事はこちら(
第2回 第3回)をご覧ください。

【記事掲載】月刊サイゾー12月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」が掲載されました

11月22日発売のサイゾー12月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」第59回が掲載されました。

機械学習のベンチャーである株式会社エーアイスクエアの荻野明仁取締役をお招きし、日本のAI市場とビジネスの現場におけるAI導入について伺いました。機械学習で自然言語処理を行うAIの開発・導入支援をなさっている荻野氏に、AI導入以前にそもそものIT化が遅れている日本企業が多い中での経験や大手ユーザー企業の意識変化をお話し頂きます。

webで読めるサイゾーpremiumの記事はこちらです。

【記事掲載】日経クロストレンドで弊社代表クロサカタツヤによる連載「個人起点のデータビジネスの商機」が掲載されました

11月22日(木)より日経クロストレンドにて、弊社代表クロサカタツヤの新連載「個人起点のデータビジネスの商機」(全7回予定)が始まりました。今回更新の連載第一回は「個人がなおざりに 企業のデータ戦略に迫る変革の波」と題した寄稿です。
次回以降は上記主題に関わるキーパーソンをゲストに迎え、対談形式でパーソナルデータを扱うビジネスを取り巻く多面的な要素を紐解いていきます。

記事はこちらをご覧ください。

【記事掲載】月刊サイゾー11月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」が掲載されました

10月23日(火)発売のサイゾー11月号に「クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング」第58回が掲載されました。

元フィンテック起業家であり、金融の世界から電力業界へ切り込む妹尾賢俊さんにお話しを伺いました。現在妹尾さんはベンチャー企業TRENDE(トレンディ)代表取締役として再生可能エネルギーの普及とそれを実現させるためのプラットフォームの構築に取り組まれており、電力業界の新たなビジネスにブロックチェーンがどのように貢献するかをご説明いただいています。

webで読めるサイゾーpremiumの記事はこちらです。

 
ページの先頭へ