企 KUWADATE

メンバープロフィール

クロサカ タツヤ

慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修士課程修了。

学生時代からネットビジネスの企画設計を手がけ、卒業後は三菱総合研究所にて情報通信事業のコンサルティング、IPv6やRFIDなど次世代技術の推進、国内外の政策調査・推進プロジェクトに従事。

2008年に株式会社企(くわだて)を設立。現在は同社代表取締役として、通信・放送セクターの経営戦略立案や事業開発を中心としたコンサルティング、資本政策などのアドバイス、また官公庁プロジェクトの支援等を実施。

2016年より、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授を兼務。著書「5Gでビジネスはどう変わるのか」。(2019年)

 

【主な役職等】

・国土交通省 海事産業将来像検討会 委員(2019年~)

・総務省 ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの検証に関するWG 委員(2018年~)

・国際大学GLOCOM 客員研究員(2018年~)

・IoT推進コンソーシアム データ流通促進WG 委員(2018年~)

・インフォメーションバンクコンソーシアム 監事(2018年~)

・OECD WPSPDE(セキュリティ、プライバシー、デジタル経済作業部会) 日本政府代表団員(2009年~2014年, 2016年, 2019年) ※WPISP, WPIEから改組

総務省 消費者保護ルール実施状況のモニタリング定期会合(2016年~)

・総務省情報通信政策研究所 AIネットワーク社会推進会議 委員(2016年~)

・日本サッカー協会100周年記念事業委員会 委員(2012年~)

・JIPDEC非常勤研究員(個人情報保護法制度)、IPA専門委員(人工知能)、等

クロサカ タツヤ

 

伊賀野 康生

長年に渡り大手米系通信事業者に勤務、通信事業者やメディア、国内製造業等の一般企業向け国際回線/クラウド/セキュリティサービス等の技術支援やプロダクト企画に従事。その後、総合コンサルティングファームに入社し、通信事業の知見を活かしたITを中心としたコンサルティング業務に従事した後、株式会社企に加入。通信/メディアの専門の事業開発・戦略立案等のコンサルティング業務に従事。

主要プロジェクト経験

           

・国内大手通信代理店における法人向け通信サービス市場調査

           

・国内大手通信会社における大企業基盤向けクラウドサービス事業のパートナー戦略の策定

           

・大手メディア事業者におけるITロードマップ策定支援

           

・SAP等を活用した自社クラウドサービスの開発の統括

           

・大手セキュリティ関連会社における新規サービス戦略策定と市場調査

           

・複数の海外大手パブリッククラウドサービス向け接続サービスの企画/販売支援

           

・大手精密機器メーカー向け国際基幹回線/セキュリティ・ソリューションの提案/構築(複数社、多数の実績)

           

・大手メディア事業者向け国内ネットワーク基盤再構築や国際回線などのITインフラ基盤の提案/構築

           

・その他、プロジェクト実績多数

伊賀野 康生