企 KUWADATE

お知らせ

【イベント】「海事産業将来像検討会」第二回会合に弊社代表クロサカタツヤが委員として出席致しました(2019/10/15)

国土交通省海事局が開催した「海事産業将来像検討会」第二回会合(10月15日開催)に弊社代表クロサカタツヤが委員として出席致しました。

検討会では海事産業の発展・成長に向けた施策の方向性について議論が行われ、クロサカからはAIやIoTの応用、新たな切り口による産業構造変革を踏まえた意見を述べさせて頂きました。

ー システムインテグレーション能力強化のために、AI人材は超先進国や日本だけでなく、アジア地域の若いエンジニアとも連携し、その後それぞれの国で日本となじみある産業を起してもらうような発想が必要であること。

― 内航海運の課題に対する取り組みを通じた新ビジネス分野への展開促進に向け、(株)シップデータセンターの活用や、より多くのデータを集める為の検討。

― 艦艇・官公庁船分野の基盤強化に向けた海外展開に向けては、防衛産業への参入にノウハウが必要なリスク管理が求められるが、リスクの平準化のために民生品の活用の検討や、民生品が活用できる部分とできない部分の切り分けによるリスクの低減などの必要性、など。

委員からの意見は、国土交通省から発表された「第2回海事産業将来像検討会の結果概要」においてご覧いただけます。


「第2回海事産業将来像検討会の結果概要」についてはこちら
「第2回海事産業将来像検討会の開催結果について」はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ